bybit(バイビット)

【図解】bybit(バイビット)の使い方・注文方法を初心者向けに解説

2021年1月23日

 

Bybitに登録したけれど、使い方が難しそうで分からない。

わたしもそうなんです。笑

 

そんな方へ向け、Bybitの使い方、実際の注文方法を分かりやすく解説します。 

 

bybit公式サイト

 

 

 

bybit(バイビット)の注文ツールの使い方 

 

Bybitでは「Trading view」というツール(チャート)を使用します。 

通常は約2,000円の月額使用料を、Bybitでは無料で使用できます。 

 

BybitはPCとスマホの両方から確認ができ、スマホ版のアプリが使用できます。

分かりやすく、どこでも取引ができる便利さがアプリの魅力です。

 

 

基本操作 (注文ツール)

取引画面の見方

• チャート 銘柄の価格の動きを確認できます。

• 取引板 実際に取引された数量、値段が表示されます。

歩み値 直近の取引が表示されます。

注文画面〜 レバレッジを調整し実際に注文します。

資金余力 現在の資金余力を確認できます。

資金調達率 次回の資金調達率を確認できます。(手数料の項で後述)

現在のポジション〜 現在保有しているポジションの表示や注文履歴の確認、変更等ができます。

 

どこかで見たことあるような取引画面ですね。

デフォルトのチャートは黒の背景にローソク足、ボリューム(取引高)が表示されています。

チャート右上の歯車のアイコンをクリックすると、チャート表示をカスタマイズすることができるので、背景やローソク足のカラー変更して自分仕様にすることができます。

もし疑問点があれば、右下の「チャット」で質問しましょう。 

日本人スタッフが対応してくれるので安心です。

 

 

 

売買方法 

 

STEP1 銘柄を選ぼう 

Bybitの上部タブから「トレード」をクリックし、インバース無期限かUSDT無期限を選び、BTC、ETH、等の個々の銘柄を選択します。 

インバース無期限とUSDT無期限の違いは、証拠金の種類とUSDT無期限のみ「両建て」(同時に売りポジション、買いポジションを持つ)ができることです。 

 

FXでは取引の際に「証拠金」として、取引所内に一定のお金を入れておく必要があります

BybitはBTC、USDTの2種類を証拠金として取り扱っており、インバース無期限(BTC/USD)ではBTC、USDT無期限(BTC/USDT)ではUSDT、が証拠金になります。 

 

 

STEP2 注文方法を選ぼう

 

Bybitでは4つの注文方法が選択できます。 

 

 

・指値(さしね)注文(新規/決済)

自分で設定した価格、又はその価格より有利な価格で売買する注文です。 

(例:BTC/USDが1000円の時、より安く買うために990円になったら買う。) 

すぐに約定(注文決定)しない可能性がありますが、設定価格より不利な価格で取引することはありません。 

 

・成行(なりゆき)注文(新規/決済) 

速攻約定できる注文です。 

(例:BTC/USDが1000円の時、1000円ですぐに買う。) 

価格を自分で設定できず、価格変動するため、想定価格より不利に約定することもありますが、瞬時に取引できます。 

 

・条件付き注文(新規/決済) 

事前に設定した価格に達すると、注文が出され、約定(注文決定)する注文です。 

(例: BTC/USDを1000円で買う時、900円で損切りする予約を出す。900円以下に下落した場合、900円で約定し、損失を100円に限定できる。) 

損切り注文、利食い注文等を総称したものです。 

 

・トレーリングストップ注文(決済のみ) 

事前に値幅を設定し、自動的に利食いや損切りできる注文です。 

(例: 値幅を100と設定し、BTC/USDを1000円で買った時、900円以下になると損切りされる。もしBTC/USDが1100円に上昇すると、1000円以下で損切りされるようになる。) 

 

 

STEP3 注文してみよう 

 

①成行注文を新規/決済注文

 

新規成行注文は、数量を入力し、売りか買いを選択すれば完了します。 

USDT無期限の場合、必ず上のタブで「参入注文」を選択します。 

数量は、インバース無期限ではUSD単位で、USDT無期限ではBTC単位で入力します。 

 

決済注文(既に出した注文を利食い、損切りする注文)は、数量を入力し、反対注文(例:買ったものは売り)を選択すれば完了します。 

USDT無期限の場合、必ず上のタブで「決済注文」を選択します。 

 

レバレッジをかける場合は「分離」を選択し、バーを動かします。

bybitは細かくレバレッジの設定ができるので便利です

鉛筆マークから直接入力も可能です。 

 

②指値注文を新規/決済注文 

 

成行注文とほぼ同じで、指値を追加入力します。 

 

 

  決済注文 

 

注文画面で「条件付」を選択後、成行か指値を選択、トリガー価格(どれくらいで利食い・損切りするか)と数量を入力すれば完了です。 

決済注文する場合、必ず「トリガー時に決済注文」へチェックを入れます。 

なおUSDT無期限は、上のタブの決済注文を選択すると表示されます。 

 

またポジションを持った状態でも設定可能で、注文確認画面の「決済注文方法」の下に表示される鉛筆マークから、価格と数量を入力します。 

 

(写真では表示されていませんが、ポジション保有中に表示されます。)

 

 

④トレーリングストップ注文を決済注文 

 

トレーリングストップの設定は、ポジションタブから「利食/損切(TS)」の下に表示される鉛筆マークから、値幅を入力すれば完了です。 

(写真では表示されていませんが、ポジション保有中に表示されます。) 

トレーリングストップ注文とは価格が有利な方向に動いた場合、一定の間隔を開けてストップ注文も付いていく、ストップが動くという注文方法です。

   

 

bybit公式サイト

 

 

チャートの活用方法 

 

BybitではTrading viewを使用して、様々な考察ができます。 

 

①時間足 

特定の時間ごとの値動きを表した指標です。 

矢印をクリックすると時間ごとに選択できます。 

  

②ライン 

チャートの表示方法を変更できます。 

 

 

③インジケーター 

為替レートのデータを様々な計算で加工し、売買の判定に使用するものを指します。

よく使われるのはEMA、RSI、MACDなどでしょうか。 

丸の箇所をクリックするとインジケーターが選択できます。 

 

 

④ツールバー 

矢印部分をクリックするとツールバーが表示されます。

普段Trading viewを使っている方なら、使い方等同じなので使いやすいと思います。

縦に並んでいるマークの右端をクリックすると更に沢山の項目を選択でき、チャートに線が引けます。  

FXでは線を「ライン」といい、多くのトレーダーが様々なラインを引いてチャートを考察しています。

 

 

 

手数料

 

Bybitの手数料は他の取引所と比べ割安ですが、取引前には確認をしましょう。 

・入出金、送金手数料 無料

・取引手数料 成行注文では支払う、指値注文では手数料を受け取る。

・Funding手数料(資金調達率) 0:00、8:00、16:00の段階でポジションを保有していると支払う、又は手数料を受け取る。

・両替手数料 0.1%

 

Bybitは日本語対応かつ、リアルタイムでのサポートも充実しています。 

この機会にBybitを使いこなし、FXの勝率を上げていきましょう。 

 

bybit口座開設はこちら

 

-bybit(バイビット)
-,

© 2022 ゆまぱんFXぶろぐ