ビットコイン時代 今までのこと(〜2020.6) 為替に引っ越してから

養分脱出物語2

2020年7月6日

1万円チャレンジ開始して、最初の月は月末に爆損したもののプラスで終われました。

 

単に運が良かっただけ。

 

でも、そのせいでなんとかなるんじゃないか、という気持ちになって勉強することをしなかった。

 

これがだめだった。

 

そして8か月間に及ぶ養分時代の幕開けとなりました。

 

 

 

負け続けた8か月間

 

先に月次出しますね。

 

6月+19.874 

7−25.730

8−53

9−8.715

10−8.490

11−11.897

12−5.092

1−9.673

2−5.635

 

前回書いた通り、FXに投入する資金は決めてあったのでとにかく勝つまではロット張らないと決めてました。

資金管理は最初からガチガチです。

維持率はあまり気にしてなかったけど()

そこからはひたすら1万円チャレンジを繰り返すだけ。

なので負け続けても退場せずに済みましたw

その時期は今よりも何倍も活気があって人も多かった。

Twitterも爆益報告で溢れてました。

そういうの見ても、すごいとは思ったけどそこまでいくために何かしようとは思わなかった。

というか、なにを勉強すればいいのか分からなくて先延ばしにした、が正解かな。

ネットで調べたりしたこともあったけど、情報の多さにどこから手を付けたらいいか分からなかった。

でもチャート見るのはすごい好きでした。

1分足のローソクの動きがおもしろかったし、チャートの形も過去を遡ってみると似た形があったり、そういう検証みたいなことはよくやってました。

テキトーにやってTwitterに毎日損益グラフ出して、少しずつ友達もできてそこそこ楽しくしてた。

 

 

秒スキャ始めたのがきっかけ

 

転換点となるものがやってきたのは、ちょうどFXを始めて半年経った11月頃でした。

今はなくなったけど、あるDiscordに誘ってもらって入ったのがきっかけ。

そこで上手な人の話を聞いてるうちに、ちゃんとやらないと、って少しずつ思うようになったんです。

その時、秒スキャで爆益出して輝いてた人達もそこのDiscordにいて、ある日VCでリアルトレードを聞く機会がありました。

 

それを機にそのDiscordで秒スキャブームが起きてみんなやり始めました。

VCで聞いたのを次の日に真似してやってみたら、めっちゃうまくいったという奇跡があって、あれ?これもしかして簡単?という勘違いをしたことから全てが始まりましたw

練習を始めてからいろいろ聞いて教えてもらったり、そうこうしてるうちにいつの間にか毎日損益出して見てもらうようになったのが、へいまーるさん。

専業じゃなくて他にもなんかやってて、指値ツール作ったりEAも作ってる人です。

今も不定期でVC勉強会やったりしてるからゆまぱん式の表に出してないことも全部知ってる人w

で、最初は軽いやり取りだったのがそのうち本気モードになり、損益と反省を出しては怒られる毎日。VCで特訓もしました。

わたしも負けず嫌いです。

もうやめますと言いたくない、秒スキャやってる女性トレーダーといえばいちごさん。あんなになりたい。

女性は秒スキャは難しいといろんな人に言われて、余計にやってやる!って思ってました。

トレードを記録することなども教えてもらって、それを見てもらうだけじゃなくて自分用Discordも作ってトレード日記を書くようになりました。

その時にやってたことは、

 

エントリーと利確、損切りした価格をメモ(全部)

特にポイントとなった場面をトレビュー に書き込む。

苦手な動きしてる時、それをスマホで動画撮って繰り返し見る。

 

見てるのは1分足、ブレイクする時の動きを覚える、抜けるのか反転するのか。

でも、コツを掴んで勝率は上がってきたものの、大きく動く時に巻き込まれて爆損。

月次プラスまではいかなかった。

そんな時に、bFがレバ4倍になるとの発表があり秒スキャオワコン説が流れるようになりました。

ちょうど秒スキャ練習始めて3か月という節目でもあったので、いったんここで終わりにしてトレード全般の勉強することを決意しました。

 

 

トレードの基礎を勉強すると決めた

 

Twitterも休んで勉強すると宣言したものの、何からやろうか…

いろいろ考えた結果、まずは基本のライントレードから勉強しようと思い、やがみさんのライントレードnoteを購入してラインを引く練習を始めました。

1か月くらいしたところで月額サロンのTRADEWORKSを始めると聞いて1期生として入会。2019年3月のことです。

基礎を1から学びました。

その時のわたしはやっとラインが引けるようになってきただけで、本当に何も知らなかったんです。

逆にそれが良かったのかも。

教えられたことをそのままやりました。難しく考えることもなく、すーっと入ってきたんですよね。

アウトプットもめっちゃ頑張りました。

その結果、入会したその月から月次プラスになりました。

 

 

4月入ってすぐに年次もプラ転。

自分もびっくり周りもびっくり。

この時はまだビットコインをやっててレバ規制を機に為替に移るつもりでいました。ひとりでやってたら無理だったと思うけど、周りに為替の先輩達がいたしなんとかなると思った。

周りの人がやってたIG証券のノックアウトオプション。

これから始めました。

注文画面見てもなんもわからないw

なんだこれーーー

とりあえず口座を開設してデモで練習してみることにしました。

スプレッドがあるので、ポジった瞬間マイナスという衝撃😭

先輩にアドバイスもらったりしながら操作の練習。

1万円チャレンジするつもりだったので、それを想定してロット2固定でやりました。

3日間の成績がこちら

3日間で128,224円稼いでしまった!

 

なんでデモなん…

最初から自分のお金でやれば良かった…w

そして1万円を入金して始めることにしました。

でも、3日間のデモ練習でノックアウト(強制損切り)される怖さを知ってしまい、1000円からもうちょっと練習しよう、いきなり1万円無くなったら心が折れる、ということで始めた1000円が

なぜか2ヶ月で100万円になりました。

 

何もわからず始めた為替。

pipsってなに

ダウって通貨?

そのレベルでやってました。

途中から始めたダウスキャ、これがハマったんですよね。

これも周りで流行ってたからやってみたらうまくいって、そこからロットを増やして一気に100万まできました。

レバのこともいまいちわからなくて、ハイレバの怖さも知らないまま…

怖さを知らなかったからできたことです。

ビットコで秒スキャしてたことが生かされたのと、基礎をしっかり習ったことでうまくいったんだと思ってます。秒スキャ練習はムダじゃなかった、負けてた期間1分足ばっか見てたのもムダじゃなかった。

ノックアウトチャレンジ終わってからはスキャを封印、デイトレ練習を始めました。

そのままダウスキャやればいいやん、って言われることも多かったけど。

今後もずっとトレードをやっていくのならスキャだけじゃ不安

どんな相場にも対応できるようにデイトレもスイングも習得したいと思ったから。

ゆまぱん式トレード、の記事で書いたようにやってることはシンプルなトレードです。

最初はEMA見てたけど途中で見なくなった。

ローソクだけ。

月次はずっとプラスできています。

 

 

養分脱出できた理由は?

 

勉強した順番が自分に合ってた。

まずライン→EMA→フィボナッチ、と、ひとつできたら次に進むようにしようと思ってやってました。

EMAのところで勝てるようになったので、フィボナッチは結局使うことなくここまできましたw

まず1番大事なテクニカルの基礎を学んだこと、これが大きいと思ってます。

通貨強弱、相関、オプション、金利、ファンダ…これからいくらでも勉強することはあります。でもわたしには難しくて😢

オプションは最近教えてもらって見方がわかるようになりました。

100人いれば100通りの手法があると思ってます。

人の真似しても全く同じトレードはできない。

通貨強弱も見ようとして考えた時期もあります。ファンダも気になって取り入れた方がいいのか悩んだ時期もあります。

幸い周りには先輩トレーダーさんがいっぱいいて相談できる環境にいます。

『勝ててるんやから今のままでいいじゃん。勝てなくなったら考えればいい。』

たしかにw

いつの間にか自分のトレードっていうものを見付けていたようです。

これ最近の話。

それでゴールドスキャ始めました。

通貨強弱もファンダも関係なしでできるから。

自分のトレードでどこまでできるのか、難易度の高いゴールドで試してみたかった。(割としんどくて燃え尽き症候群なってますw)

スキャばかりしてたわけじゃないですけどね。

持てるポジは長めに持って値幅狙いました。スキャポジとデイポジの使い分けもできるようになってた。今のわたしにできること全部投入してやりました。

利確の仕方が変わってるかもしれないけど、それも試してみたり。

こう見えて結構検証好きです。思い付くと検証用口座作って小ロットでやります。

わたしの場合、なんで勝てるようになったか、と聞かれると、

チャートいっぱい見たから(ローソクの動き、チャートの形)

シンプルに考えてやるから(ライン、水平、高安、切り上げ下げ)

ひとつずつ勉強してテクニカルの基礎をしっかり学んだから(ファンダ等はそれから、と考えてます。)

ロット管理などルール厳守(わかる時だけやる、損切り2回でやめる)

 

それと今まで関わってくれた人、すでに勝ってる人達の立ち回りなどを見てると自然に意識も変わりました。

レベルの高い環境にいると自分のレベルも上げれる、これはめっちゃ思いました。

同じ環境にいるだけじゃなくて、とにかくわからないことは聞く、自分のトレードを恥ずかしがらずにアウトプットしてアドバイスもらう。

うまい人を見てるだけではうまくなれない。

自分もそのレベルに上がるために努力は必要だと思ってます。

テキトートレードやってたわたしの意識がそういう風に変わったのは、安定して稼いでいる人はそこまでにものすごい努力してる、というのを近くで見てて感じたから。

じゃあ自分もやれることはやって諦めなければできるんじゃないか。

そう思うようになった時期と学べる環境に入った時期が重なって勝てるようになったんだと思ってます。

自分ひとりで勉強して勝てるようになった人もいるんでしょうけど、やっぱり教えてもらえる環境にいるのが成長の近道な気はします。

有料サロンでもいいし、無料のディスコでもいいし。

Twitterなどで仲良くなった友達同士でもいい。

わたしは人の繋がりに恵まれてここまで来れたと思ってます。

VCしながらトレードしてお互いの変なとこ指摘し合ったり、オプションの得意な人、インジに強い人、逆指値がうまい人、などいつでも聞きたいことがあれば聞ける先輩、トレード仲間が何人もいます。

このことがメンタルの安定にも繋がってる。

いつまでも初心者気分でいたけど、最近はどこにいてもいつの間にか先輩になってしまって相談を受けることが結構あります。悩んでることはみんな同じですね。

自分も同じ時期が合ったからすごくわかります。

わたしも言われた言葉だけど、自分のトレードを見付けること。

たくさんある手法から自分に合った手法を見付ける。

 

養分脱出のキーワードはこれかなって思います。

 

 

にほんブログ村 為替ブログへ
にほんブログ村

-ビットコイン時代, 今までのこと(〜2020.6), 為替に引っ越してから
-

© 2022 ゆまぱんFXぶろぐ